読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インシデント制技術支援サービス

xoBlosでは、通常の製品保守契約サービスの他に、インシデント制技術支援サービスをご契約頂くことができます。ご契約後に、xoBlos商品サイトの最下部「技術支援専用ページ」から入って、契約内容をご確認頂けます。

f:id:xoblos:20170319122117p:plain

「技術支援専用ページ」では、ご契約頂いたユーザー名、パスワードでログインします。

f:id:xoblos:20170319122125p:plain

ご契約企業様専用の管理ページが開き、ご契約内容と総インシデント数、消費インシデント数、残インシデント数、設定インシデント内容を閲覧できます。

【インシデント設定・消費例(10インシデントの場合)】

f:id:xoblos:20170319122138p:plain

【技術支援サービス覚書からの抜粋】

f:id:xoblos:20170319122149p:plain

2017年3月17日、DITは東証一部に上場しました

xoBlos(ゾブロス)の開発元は、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社です。その企業ブランド名を DIT と呼びます。

DITは2017年3月17日、東証一部に上場しました。
当日の日本経済新聞朝刊9面に、DITとxoBlos(ゾブロス)の広告が掲載されています。
https://www.xoblos.com/dl/pdf/20170317.pdf

登録商標について

システム変数を使う(Designer+corabo)

corabo の [ページ設定] メニューで、[業務定義ファイル] のテキストボックスにマウスをポイントすると、ヘルプが表示されます。

f:id:xoblos:20170314032542p:plain

f:id:xoblos:20170314032557p:plain

ヘルプの文章の「システム変数」をクリックすると、使用できるシステム変数の一覧が表示されます。

f:id:xoblos:20170314032605p:plain

f:id:xoblos:20170314042241p:plain

f:id:xoblos:20170314042248p:plain

これらのシステム変数は、Designerの [業務の設定] 画面で定義できます。
[a. 変数の名前] のプルダウンリストから選べます。

f:id:xoblos:20170314033722p:plain

定義した変数は、[値の編集] 画面の [業務の変数] から選んで利用できます。出力ファイル名やコピー先ファイル名に付与したり、制御シートの書き換え設定で利用したりと、色々な用途があります。

f:id:xoblos:20170314034444p:plain

参考記事

ファイル名にタイムスタンプ(システム日時)を付ける(Designer+corabo)

 

net use コマンドでネットワーク上の共有名に接続する

Designerの「ファイル名」指定では、ネットワークドライブ上の共有フォルダなど、ネットワーク上の共有名を指定することができます。このような設定をし、タスクスケジューラから自動運転しているような場合、ネットワーク上の共有名が、接続可能になっているかが気になりますね。

安全を期して、業務処理の最初の方に「外部アプリの実行」手順で、batファイルなどに記述した、net use コマンドを実行しておくことをお勧めします。

次がコマンドの文法例です。

net use \\コンピュータ名\共有名 パスワード /user:コンピュータ名\ユーザー名

下記に、ユーザー名 user1、パスワード pass999 で \\ServerA\SHARE001 に接続する例を載せます。

net use \\ServerA\SHARE001 pass999 /user:ServerA\user1

エラー処理を許容し、業務処理が停止しないようにする(Designer)

下図の例では、最後の手順で、対象となる月のファイルを閲覧用フォルダにコピーしています。もし、対象となる月のファイルが1個もない場合は、業務プロセスがエラーで終了してしまいます。

この設定例では、そんな場合でもエラーではなく、警告完了するように設定しています。

f:id:xoblos:20170312150838p:plain

[起動終了の設定]-[1.手順の基本設定]-[エラー終了を許容しますか?]「はい」にしています。

この手法は、業務プロセスの中間にある手順にも有効で、警告のみで処理全体を停止させたくないときに使用します。

結合対象のセルにある情報を全て保持する

結合されたセルの役割とは。

f:id:xoblos:20170308141925p:plain

Excel のセル結合は通常、上図の方法で設定されるのがほとんどです。ましてやセル「E7」に情報が入ることは、全くといって良い程その機会が無いでしょう。しかし結合は、単純に印刷資料の見映えだけで活躍しているものではありません。マクロや条件付き書式の設定などで、条件判定として関わってくることは充分あり得ます。‥‥とはいえ、上図の方法では最左上のセルに値、それ以外のセルは全て空欄で判定の要素は限られます。

それでは(直接目に入らない値ではあるけれど)、判定の要素を各セル毎に持たせるには、どういった方法があるのでしょうか。

書式貼り付けのテクニック

下図②のように、結合先と同水準の空白結合セルを用意します。そしてそれをコピーし、結合先に書式のみの貼り付けを行います。

f:id:xoblos:20170308145129p:plain

結合後(③)の見た目は「a」だけですが、結合対象のセルには「a」「b」の情報それぞれを保持することができました。

xoBlos では、生成処理で参照される雛形シート上、連続する分類情報(行方向)や見出し情報(列方向)の途中に "空白" があると、それ以降の既存情報を参照しない仕様になっています。これにより、レイアウトとしては空白が要るけれども、処理対象/判定の要素は先の先まであるという場合に、上記のようなテクニックが必要になる場合があります。