読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘッダー(項目名行)なしのファイルリスト

次のファイルリスト作成の記事に関する補足です。 フォルダの中のファイルリストを作成する(Designer)http://xoblos.hatenablog.jp/entry/2017/04/10/002209 この例では、1行目に「ファイル名」という名前の項目名、2行目以降にファイル名のリスト形式で説…

ファイルの参照順序

複数生成時は、都度前提(雛形)を意識する。 昨日記事で、上図のような生成結果を列挙しました。「ようし自分も試してみよう!」と勇ましく生成を試みた方の中で‥‥異なる結果が出た方はいらっしゃいますでしょうか。 生成部分で、制御シートや業務(.xob)…

データの比較

XmlMatcher.exe のお仕事。 Designer も corabo も、インストールフォルダ内に[helper]という階層があり、そこに「XmlMatcher.exe」は居ます。当プログラムは業務(.xob)ファイル内でいう、『抽出データ比較』手順にて活躍します。 上図左を変更前、右を…

空白の情報を許さない

空白情報を操作するタイミング。 ある日、Aさんと Bさんは地元一番のお食事処を知るために、手分けして調査をしました。調査後、その結果を一覧化することになったようです。 必要としているのは確かな情報なので、不毛な収穫の反映は避けたいところです。上…

雛形シートの作り方

大きく二種類。 xoBlos の生成処理で、生成するレイアウトのベースとなるのは雛形シートです。これは、大きく分けて二つの作り方があります。一つは、最低限必要な(共通する)レイアウト部分を用意すること。もう一つは、既存情報(出力するデータの情報)…

「%Row」の役割

抽出と生成で差が出る役割。 「%Row」は xoBlos の予約語の一つであり、内部で自動的に採番値を作成する面は、抽出も生成も同じです。いずれも採番値に対し 1000000 を加えて先頭に "R" を付けた文字列が入ります。但し、作成するまでの過程に差があります。…

xoBlos の中間処理

基本形態と考え方はいつでも同じ。 xoBlos の役割として、基本は「(入力データから)データの抽出」~「(抽出データを使って)帳票の生成」という形態になります。他にも「データの加工」という役割も持っていますが、これはどういう仕組みになるのでしょ…

スケジューラでの実行(corabo)

corabo 用の実行ファイル。 ExecXob.exe 前回記事で、Designer でのスケジューラ実行をご案内しましたが、今回は corabo 用のスケジューラ実行法を追ってみましょう。タスクスケジューラにバッチファイルを設定するのは共通ですが、バッチファイルに記載する…

複数のデータ抽出

抽出ファイルに入力データの名前を持たせる。 以下の、計 3ブック中――計 6シートのデータを抽出対象としましょう。 data1.xlsx:「Sheet1」「Sheet2」「Sheet3」 data2.xlsx:「Sheet1」 data3.xlsx:「Sheet999」「SortData」 参照するブック名は、いずれも…

フォルダの中のファイルリストを作成する(Designer)

特定のフォルダの中にあるファイル名のリストを作成する、フォルダの中のファイルリスト作成.xobという業務を作ってみましょう。下図のような位置にある、INPUTフォルダを対象にしてみます。 INPUTフォルダの中には、5個のファイルと1個のサブフォルダがあり…

「外部アプリの実行」手順を作成する

Designerトップメニューの、[新しい手順]-[外部のアプリケーションを実行] を選択します。 「外部アプリの実行」手順が作成されます。 ヘルプへリンク xoBlos Designer ヘルプ - 外部アプリの実行

#S 記号(Spacer)で不要な箇所を削除する

SUM関数を使用した集計例(合計行の前に1行空行が入る) 【ひな形シート】 B4のセルには、=SUM(B2:B3) という関数が入っています。 【制御シート】 【出力結果】 SUM関数を使用した集計例(合計行と明細行の間をくっつける) 【ひな形シート】 【制御シート…

別の業務実行中のエラーメッセージ

「別の業務の実行」手順で、他のxobファイルを呼んで実行する場合、別の業務でのエラー内容がわからないときがあります。 そのような場合は、Designerのトップメニュー [システム]-[ログフォルダを開く] から、xoBlosDesigner.logを開き、ログファイルでエラ…

サーバーのコンピューター名を変更したときの留意点

SQL Serverのインストールも、xoBlos coraboのインストールも終り、既に運用中のシステムでのお話です。 既にxoBlos corabo運用中のシステムで、サーバーのコンピューター名を変更することは推奨いたしませんが、どうしても事情により コンピューター名を変…

抽出データのマージ

並び順の未設定。 上図のように、複数の抽出データを単純にマージしたい場合は、Designer の『抽出データ並替』手順を使います。この手順は並べ替えを主としていますが‥‥並び順(昇順/降順)の具体設定をしなければ、単純マージされます。 ↓

インシデント制技術支援サービス

xoBlosでは、通常の製品保守契約サービスの他に、インシデント制技術支援サービスをご契約頂くことができます。ご契約後に、xoBlos商品サイトの最下部「技術支援専用ページ」から入って、契約内容をご確認頂けます。 「技術支援専用ページ」では、ご契約頂い…

2017年3月17日、DITは東証一部に上場しました

xoBlos(ゾブロス)の開発元は、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社です。その企業ブランド名を DIT と呼びます。 DITは2017年3月17日、東証一部に上場しました。当日の日本経済新聞朝刊9面に、DITとxoBlos(ゾブロス)の広告が掲載されて…

登録商標について

xoBlos(ゾブロス)は、デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社の登録商標です。 Microsoft Windows、Microsoft Office、Excel は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。 会社名、システム名、製品名の固有…

システム変数を使う(Designer+corabo)

corabo の [ページ設定] メニューで、[業務定義ファイル] のテキストボックスにマウスをポイントすると、ヘルプが表示されます。 ヘルプの文章の「システム変数」をクリックすると、使用できるシステム変数の一覧が表示されます。 「アップロード」機能で、…

net use コマンドでネットワーク上の共有名に接続する

Designerの「ファイル名」指定では、ネットワークドライブ上の共有フォルダなど、ネットワーク上の共有名を指定することができます。このような設定をし、タスクスケジューラから自動運転しているような場合、ネットワーク上の共有名が、接続可能になってい…

エラー処理を許容し、業務処理が停止しないようにする(Designer)

下図の例では、最後の手順で、対象となる月のファイルを閲覧用フォルダにコピーしています。もし、対象となる月のファイルが1個もない場合は、業務プロセスがエラーで終了してしまいます。 この設定例では、そんな場合でもエラーではなく、警告完了するよう…

結合対象のセルにある情報を全て保持する

結合されたセルの役割とは。 Excel のセル結合は通常、上図の方法で設定されるのがほとんどです。ましてやセル「E7」に情報が入ることは、全くといって良い程その機会が無いでしょう。しかし結合は、単純に印刷資料の見映えだけで活躍しているものではありま…

ファイルがないときに手順をスキップする(Designer)

目標(GOAL) 前段処理の状況によっては、入力ファイルや、変換用に参照しているマスターファイルが存在しないときがあります。また、ファイルは存在するが、サイズが0バイトで空のときもあります。これらのケースで、業務処理が停止してしまわないよう、該…

動詞・名詞分析手法

xoBlosで業務システムを構築していくとき、その前半の重要な局面として、調査・分析、要求・要件定義、設計の局面があります。これらの局面で、効果的な手法はないかと問われたら、筆者は「動詞・名詞分析手法」が手軽に始められて効果が大きいですよ、とお…

表内の罫線

コピーされる表とは。 上図のようなそれぞれの期待結果を、xoBlos の生成業務にて、出力するとしましょう。既存情報(値マッチング)は一切無いものとして、雛形シートはどのように作成しますか? xoBlos の仕組み上、最低限必要なレイアウトのみ作成してお…

数式の参照関係を調べる

セル参照を使っている数式って多いですよね。 そして、そんな数式が多いシートでは、この計算式はどこのセルを参照しているの? このセルの値は、どの計算式で使われているの? といった調査に手間取ることが多いと思います。 例えば、このシートのAB20のセ…

同じブック内の2つのワークシートを並べて比較する

シート数が多いブックを開き、シートを切り替えながらデータをチェックする。 結構大変なこの操作。特に、あるシートと別のシートを比較参照するケースも多いと思います。ちょっとしたExcel操作の工夫で、業務改善できますよ。 複数シートのあるブックを開く…

ウラオモテヤマネコの「ぞぶにゃん」

本ブログの「プロフィール」画像のキャラクター ウラオモテヤマネコの「ぞぶにゃん」という名前です。 下記のURLにコーナーがあります。 ウラオモテヤマネコ https://www.xoblos.com/xoblog_cat/cat

ネットワーク上のフォルダ/ファイル参照

セキュリティ例外設定との連携。 Designer からネットワーク上にあるフォルダ/ファイルを参照する際、参照パスの記述は上図のようにホスト名あるいは IPアドレスの 2パターンがあります。 しかし、この業務を corabo のサイトに紐付けた場合、corabo の取り…

エラーメッセージ:インデックスが配列の境界外です。

このエラーは、データをセットしようとしているセルが、「対象部分の右下」キーワードでセル指定した範囲に収まっていないときなどに起こります。「対象部分の右下」を見直してみましょう。

ラピッドプロトタイピング(高速試作)手法

xoBlos(ゾブロス)を利用した業務システム開発の良い点は、初期の要件定義段階や設計段階で、外観や機能の評価を行うために試作システムを簡単に作れるところにあります。 世の中の多くの業務システム開発では、調査・分析、要求・要件定義、設計、実装、テ…

エラーメッセージ:XMLのタグ名として適さない文字が含まれています。

Designer画面でのエラーメッセージ 「XMLのタグ名として適さない文字が含まれています。」というエラーメッセージが出るとき。 この例では、"売上高(実績)" という項目名の中の、"(" と ")" という文字が適していないケースです。 原因と対処方法 抽出処…

オートフィルの基本

出力単位別に取り扱う。 オートフィルは Excel の標準機能であり、セルの「選択値/選択範囲」によって、出力の規則性は変わります。下図のように、規則の基本となる値を置き、通常のマウスドラッグと[Ctrl]キーを押しながらのマウスドラッグとでは、出力…

変数の「実行時に入力する」の真意

連携の発生とは。 「corabo で指定したパラメータ値を Designer が受け取って処理を行う」のは連携が発生していることになります。それは「Designer から Designer」の形態でも同じことが言えます。業務ファイルに設定できる変数は、連携する相手側には勿論…

制御シートの書き換え設定で「固定値」に値を設定するとき

Designer からの「制御シートの書き換え設定」 制御シート 上図のような仕組みで、変数の「受注時間」を、制御シートの「#受注時間」に文字列でセットしたいとします。 「1503」(15時3分)という値だとうまくいき、「0928」(9時28分)という値だと、出力が…

「行ひな形の左上」、「データ部分の左上」についての図解

生成用制御シートの「行ひな形の左上」、「データ部分の左上」について図解してみました。

2つのxobファイルを1つにまとめる方法

2つのxobファイルを1つにまとめる方法 2つの xob ファイルを、それぞれダブルクリックして2つ Designerで開きます。 コピー元の手順を右クリックし、[手順をコピー] を選びます。手順が複数(2つ以上)ある場合は、Shiftキーを押しながら、該当する複数手順…

制御シートリファレンスマニュアル

xoBlos Designer のマニュアルの中でも、頻繁に参照されるのが「制御シートリファレンスマニュアル」です。 リファレンスマニュアル(Export).xls リファレンスマニュアル(Import).xls このリファレンスマニュアルは、Designerの [ヘルプ] から参照できま…

xoBlosのAND、OR、NOTとド・モルガンの法則

xoBlosではいろいろな条件を表すキーワードがあります。 Exporter(抽出処理)での「高度なスキップする行の条件」(長い!!汗)や Importer(作成処理)の「高度選択条件」、「高度スキップ条件」等ですね。 これらは全て横に並べた条件はANDで、縦に並べた…

見出し行を各ページに印刷する

目標(GOAL) 複数ページの縦に長い表で、2ページ目以降にも、1ページ目と同様に項目行を印刷する。 ひな形シートにExcel で設定する方法 【参考記事】 印刷タイトルで見出しを固定 http://www.becoolusers.com/excel/print-titles.html

corabo:ファイルルート(xoBlosFileRoot)指定を確認する

corabo をセットアップし、Webアプリの設定も終了。いざ、最初の corabo 画面を表示しようとして、下図のようなエラーが出たら。 もし、データ格納用のファイルルートをDドライブなど、Cドライブ以外にしている場合は、Web.config を確認しましょう。 "xoBlo…

スケジューラでの実行(Designer)

いつもの開発+バッチ作成+スケジュール登録! 作成した業務を呼び出すバッチを用意する 定期的に動かす業務を自動実行するには、タスクスケジューラへのスケジュール登録が打って付けです。先ずは、作成した業務を呼び出すバッチファイル(.bat)を作成し…

corabo セットアップ時のコマンドプロンプトは「管理者として実行」

corabo をセットアップするときに、何カ所かコマンドプロンプトで実行するところがあります。そのときのコマンドプロンプトは、通常起動ではなく、管理者として実行起動してください。 上図の例は、Windows Server 2012 R2 での、コマンドプロンプトを「管理…

xoBlos corabo のバージョンを確認する

xoBlos corabo のバージョンを確認するには、corabo にログインし、[ホーム] 画面を表示します。 [ホーム] 画面右側の「Powered by xoBlos corabo」をクリックすると、バージョン情報が表示されます。 上図の例では、xoBlosJobWeb.dll のところに表示されて…

「業務設計手法と設計パターン」の企画

システム分析とシステム設計の手法は、世の中に色々とあります。 このカテゴリー「業務設計手法と設計パターン」では、xoBlos(ゾブロス)を利用したシステム開発、業務アプリ開発に役立ちそうな、様々な分析手法、設計手法に関する話題を書いていく予定です…

抽出するファイル名、シート名にワイルドカード(*)を使う

「Excel表から抽出」手順の、入力するファイル名、シート名の指定には、ワイルドカード(*)が使えます。 上図の例だと、ファイル名に "アンケート用紙" が含まれている、拡張子が "xls" で始まるファイルの、シート名が "アンケート" で始まるシートから、…

表形式表示アイコンからXML表示するときの留意点(Designer 画面)

Designer 画面の表形式表示アイコンからのXML表示(テーブルグリッド表示)ですが、すべて数字の項目は数値扱いで前ゼロを表示しない仕様となっているため、前ゼロを含めたXMLデータのチェックには、XMLファイルを直接エディタやメモ帳やIEなどで開いてご確…

列方向のオートフィル

R1C1形式と A1形式のオートフィルの差とは。 制御シートを作成している時、取り扱う項目の量が非常に多い場合、参照先のセル番地を記述するのは一苦労ですね。項目が単純な横並びであれば、下図のように R1C1形式で一つ記述し、列方向へオートフィルすること…

制御シートに値を渡す(Designer)

次のような制御シートがあり、「選択条件」として、「顧客区分名」が "店舗"、「商品区分名」が "冷凍食品" のデータを選択してインポートしています。 「顧客区分名」、「商品区分名」をDesigner手順から制御シートに渡して設定し、外側から「選択条件」を…

1行目に .LOG を入れてメモ帳で日記、日誌を書く

xoBlosで業務アプリを組み立てたり、業務システムを構築するとき。xoBlosとは関係ない、その他のビジネスシーンでも。意外と役に立つ、メモ帳(notepad)で日記、日誌、タイムスタンプ付きメモを書く方法です。 まず、メモ帳でファイルを新しく作成し、1行目…