読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拡張子 .xls で運用しているExcelブック、そしてExcelのバージョンアップ

Excelをバージョンアップしたら、Windows XP時代のExcelブックの出力がおかしい

Windows XPの時代はかなり長く続き、Excel 2003(拡張子 .xls)とExcel 2007(拡張子 .xlsx)を併用していた企業も多かったと思います。

その当時にxoBlosを導入された企業では、Excel 2003ユーザーにも利用できるよう、ひな形シートを入れた制御ブックも、出力Excelブックも、拡張子 .xls で作成して運用している業務アプリも少なくなかったのです。

下図は、制御ブックも、出力Excelブックも拡張子 .xls で指定したxoBlos Designerの設定画面です。

f:id:xoblos:20161207001224p:plain

例えばWindows XPExcel 2007でこのようにして運用していた業務で、PCをWindows 7Windows 10に、ExcelExcel 2010、2013、2016などにバージョンアップしたときに、拡張子 .xls の出力帳票のレイアウトが変わってしまうトラブルが起こりがちです。

A4タテ3ページで出力されるはずの帳票が、5ページになって出力されるなど、レイアウト崩れが起こることがあります。

Windows XP時代のExcelブックを見直す

このようなトラブルには、応急処置の方法があります。下図のように、xoBlos Designerの設定画面で、制御ブックも、出力Excelブックも拡張子 .xlsx で指定します。

f:id:xoblos:20161207001236p:plain

Excelのバージョンアップを機会に、慣習的に使用している、拡張子 .xls のブック(Excel 2003形式ブック)を見直しましょう。