周囲の情報に影響無く表を生成する(制御シート)

限られた範囲に表を生成したい

f:id:xoblos:20161209195241p:plain

上図のような、月毎の支出情報を確認できる表があります。前月(過去)の情報は右側に用意できました。今月(最新)の情報は真っ先に目に入るよう、左側に「内容」と「金額」をそれぞれ生成したいものです。

f:id:xoblos:20161209195252p:plain

xoBlos が大事にしている処理範囲の「左上」と「右下」は、前々図のひな形(テンプレート)シートから明らか。上図のような設定で今月分の情報は綺麗に生成されそうですね。

f:id:xoblos:20161209195258p:plain

‥‥今月分は正常に反映されましたが、それによって前月に誤った情報が追加され、前月の合計金額が変わってしまいました。今月の「おやつ」「ノート」「消しゴム」「おもちゃ」の分、行がコピーされた感じですね。また、処理終了後に行や列の削除を為す予約語「#S」が原因で、「修理費」まで消えてしまいました。

前月分の情報に影響無く、今月分の情報を生成するにはあるキーワードを一つ、追記しなくてはなりません。

f:id:xoblos:20161209195304p:plain

『範囲限定行挿入』とは、行方向に生成されていくパターンで生成範囲を限定させるためのキーワードです。

範囲限定は、『データ部分の左上』『対象部分の右下』のコンビとは別の、「左上」と「右下」を成立させる専用のキーワードがそれぞれあります。「左上」は『範囲限定の左上』、「右下」は『整形対象部分の右下』で設定します。

今回は別件のために、始めから『整形対象部分の右下』が設定されていましたが、『範囲限定行挿入』との組合せで初めて、生成範囲を限定させた上での「右下」が決定します。

それでは上図の設定で、あらためて動かして見ましょう。

f:id:xoblos:20161209195309p:plain

今回は前月情報を崩すことなく、当月情報を反映できました。『整形対象部分の右下』をセル「B5」に設定したことで、A~B列までが生成(行のコピー)範囲に限定されたのです。

行方向とは別に列方向で生成するケースも有り得ます。勿論、そのためのキーワードも用意されています。

f:id:xoblos:20161209195315p:plain

上図青色 4つのキーワード、是非活用してください。