スケジューラでの実行(Designer)

いつもの開発+バッチ作成+スケジュール登録!

作成した業務を呼び出すバッチを用意する

定期的に動かす業務を自動実行するには、タスクスケジューラへのスケジュール登録が打って付けです。先ずは、作成した業務を呼び出すバッチファイル(.bat)を作成しましょう。

f:id:xoblos:20161221190113p:plain

上図①が示しているのは、作成した業務ファイル(.xob)をバッチ起動する為のアプリケーション、「xob.exe」の在り処になります。OS によって、[Program Files]と[Program Files(x86)]と、指定が分かれますのご注意ください。

次に②が示しているのは、作成した業務ファイル(.xob)の在り処になります。

続いて③が示しているのは、「xob.exe」で任意指定可能な、スイッチになります。このスイッチは、作成した業務ファイル(.xob)の実行の際に、パラメータ値を渡すことができます。

そして④が示しているのは、作成した業務ファイル(.xob)の中身になります。前述③でパラメータを渡すように指定した場合、無論④のようにそのパラメータを受け取る為のお皿が必要になります。更に、お皿に取ることを許可する為の『d.実行時に入力しますか?』項の「はい 」の設定も、忘れずに行いましょう。

作成したバッチファイルをスケジューラに登録する

タスクスケジューラのメニューは、「管理ツール」から起動可能です。

f:id:xoblos:20161221193153p:plain

「タスクの作成」を選んで、作成していきます。最低限必要な設定内容を列挙します。

f:id:xoblos:20161221193200p:plain

スケジュール名が決まったら、次は実行のタイミングを設定します。

f:id:xoblos:20161221193206p:plain

最後に、実行するファイルそのもの――バッチファイル(.bat)の在り処を設定します。

f:id:xoblos:20161221193219p:plain

これで、自動実行が成立しました。

f:id:xoblos:20161221194813p:plain

以上の内容は、xoBlos Designer での xob.exe のテスト実行の 記述となります。xoBlos corabo(web サーバー運用)では、「xob.exe」と同様な機能を担う、「ExecXob.exe」の実行を実装します。こちらに関しましては、また別のトピックにてご紹介いたします。