デフォルトポート 80 でcoraboを動かす場合の設定

デフォルトポート 80 でcoraboを動かす場合の、IISの設定手順です。

『corabo 導入運用ガイド』では、ポート 8080 でcoraboを動かす場合の設定手順が記載されています。 8080 以外の、8081、8086、8089 などの他のポートを使う場合も、ポート設定を変えて同様の手順で設定できます。

ただし、デフォルトポート 80 の場合だけ、「Default Web Site」というサイトが最初から登録済みですので、どうしても 80 で動かしたい場合は、その下にWebアプリを設定することとなります。

f:id:xoblos:20171206154320p:plain

以下の手順で、デフォルトポート 80 でcoraboを動かせます。以下は、インストールフォルダが c:\xoBlos の場合の例です。

  1. [Default Web Site]  が、ポート 80 で設定されていることを確認します。
  2. [Default Web Site] の下に、[仮想ディレクトリの追加] で仮想ディレクトリ [xoBlos] を作成します。 c:\xoBlos\Web
  3. [corabo] を「アプリケーションへの変換」でアプリに変換します。
       c:\xoBlos\Web\corabo
  4. 下記のURLでcoraboの正常稼働を確認します。
    http://localhost/xoblos/corabo