項目名(XML要素名)に使える文字は?

xoBlosで扱うXMLの入力項目、出力項目は項目名を持ち、xoBlos制御シートで名前を設定することができます。項目名(XML要素名)に使える文字は、XML勧告で定義された通りで、xoBlos独自の解釈は行いません。  

  • スペースは使えません。
  • 半角カタカナ、全角数字、全角英字は使えません。
  • 全角文字としては、漢字、ひらがな、全角カタカナ、長音記号、踊り字(々、ゝなど)以外の全角記号は使えません。
  • 1文字目に数字は使えません。
  • 1文字目に使える文字:半角アルファベット、ひらがな、全角カタカナ、漢字、半角アンダーバー(_)
  • 2文字目以降に使える文字:半角アルファベット、ひらがな、全角カタカナ、漢字、半角数字、アクセント記号、長音記号や踊り字(々、ゝなど)、半角アンダーバー(_)、半角ハイフン(-)、半角ピリオド(.)
  • 名前の先頭に xml という文字列がきてはいけません(大文字、小文字に関係なく使えません)。

 XML 1.0では、コロン(:)も使える文字に含まれていますが、通常、コロンは名前空間を表すのに使うため、XML要素名としては使わない方が良いとされます。