Designer:変数の書式(種類別)

xoBlos クライアント、Designer で扱える変数には、いくつかの種類があります。

今回の記事では、変数の種類ごとにその書式をまとめてみました。

業務変数

$(val:"変数名") または $(val:変数名) 

$(val:"年度")

$(val:年度)

項目名変数

$(item:"項目名")

※基準ファイルに項目名がない場合は、項目順指定 $(item:"Item1")、$(item:"Item2") のように使えます。

$(item:"顧客コード")

$(item:"Item1")

作業変数

$(tmp:"作業変数名") または $(tmp:作業変数名) 

$(tmp:"在庫数")

$(tmp:在庫数)

環境変数

%環境変数名%

%ComSpec%

独自変数

入力ブック名、入力シート名

%BOOK%、%SHEET%

または

$(imval:"%BOOK%")、$(imval:"%SHEET%")

 ※抽出手順の出力ファイル名に使用できます。

 

抽出データ件数

$(X_rows:"ファイル名")

$(X_rows:"WORK\売上データ.xml")

 

繰返し回数

$(loop:初期値,増加量,前ゼロ幅)

$(loop:1,1,1)