読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結合対象のセルにある情報を全て保持する

Excel ヒント集

結合されたセルの役割とは。

f:id:xoblos:20170308141925p:plain

Excel のセル結合は通常、上図の方法で設定されるのがほとんどです。ましてやセル「E7」に情報が入ることは、全くといって良い程その機会が無いでしょう。しかし結合は、単純に印刷資料の見映えだけで活躍しているものではありません。マクロや条件付き書式の設定などで、条件判定として関わってくることは充分あり得ます。‥‥とはいえ、上図の方法では最左上のセルに値、それ以外のセルは全て空欄で判定の要素は限られます。

それでは(直接目に入らない値ではあるけれど)、判定の要素を各セル毎に持たせるには、どういった方法があるのでしょうか。

書式貼り付けのテクニック

下図②のように、結合先と同水準の空白結合セルを用意します。そしてそれをコピーし、結合先に書式のみの貼り付けを行います。

f:id:xoblos:20170308145129p:plain

結合後(③)の見た目は「a」だけですが、結合対象のセルには「a」「b」の情報それぞれを保持することができました。

xoBlos では、生成処理で参照される雛形シート上、連続する分類情報(行方向)や見出し情報(列方向)の途中に "空白" があると、それ以降の既存情報を参照しない仕様になっています。これにより、レイアウトとしては空白が要るけれども、処理対象/判定の要素は先の先まであるという場合に、上記のようなテクニックが必要になる場合があります。