読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

corabo:一度に多数のファイルを扱う処理で、ロックの獲得に失敗する時

xoBlos Designer では正しく動く業務定義なのに、

corabo で実行したら、こんなエラーが出る時があります。

 ハンドル出来ていない例外が発生しました。 処理に失敗しました。制御ファイル(xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx)シート(ExportCtl) の解析中にエラーがありました。ロックの獲得に失敗しました。リモート チャネルに対する、受信メッセージの最大メッセージ サイズ クォータを超えました。詳細については、サーバー ログを参照してください。リモート チャネルに対する、受信メッセージの最大メッセージ サイズ クォータを超えました。詳細については、サーバー ログを参照してください。

このようなメッセージの場合もあります。

  ハンドル出来ていない例外が発生しました。 処理に失敗しました。ロックの獲得に失敗しました。パイプ パイプを閉じています。 (232、0xe8) への書き込みエラーが発生しました。書き込み操作に失敗しました。内部例外を参照してください。パイプ パイプを閉じています。 (232、0xe8) への書き込みエラーが発生しました。パイプ パイプを閉じています。 (232、0xe8) への書き込みエラーが発生しました。

このようなときには、xoBlos のインストールフォルダ下の、svc フォルダにある、xobloslocksvchost.exe.config ファイルをメモ帳などで編集します。

以下の部分を見つけるのはちょっと大変かもしれませんが、がんばって探してください。

<netNamedPipeBinding>
    <binding name="netNamedPipeBinding" maxReceivedMessageSize="65535"/>  ← この値を大きくする(例:327675)
</netNamedPipeBinding>

 ファイルを上書き保存したら、xoBlosLockService の再起動をします。

これには、Windows の「管理ツール」の「サービス」で行ないます。

(例えば Windows10 なら コントロール パネル > システムとセキュリティ > 管理ツール にあります。)

 

f:id:xoblos:20161119131959j:plain