読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結合対象のセルにある情報を全て保持する

結合されたセルの役割とは。 Excel のセル結合は通常、上図の方法で設定されるのがほとんどです。ましてやセル「E7」に情報が入ることは、全くといって良い程その機会が無いでしょう。しかし結合は、単純に印刷資料の見映えだけで活躍しているものではありま…

表内の罫線

コピーされる表とは。 上図のようなそれぞれの期待結果を、xoBlos の生成業務にて、出力するとしましょう。既存情報(値マッチング)は一切無いものとして、雛形シートはどのように作成しますか? xoBlos の仕組み上、最低限必要なレイアウトのみ作成してお…

数式の参照関係を調べる

セル参照を使っている数式って多いですよね。 そして、そんな数式が多いシートでは、この計算式はどこのセルを参照しているの? このセルの値は、どの計算式で使われているの? といった調査に手間取ることが多いと思います。 例えば、このシートのAB20のセ…

同じブック内の2つのワークシートを並べて比較する

シート数が多いブックを開き、シートを切り替えながらデータをチェックする。 結構大変なこの操作。特に、あるシートと別のシートを比較参照するケースも多いと思います。ちょっとしたExcel操作の工夫で、業務改善できますよ。 複数シートのあるブックを開く…

オートフィルの基本

出力単位別に取り扱う。 オートフィルは Excel の標準機能であり、セルの「選択値/選択範囲」によって、出力の規則性は変わります。下図のように、規則の基本となる値を置き、通常のマウスドラッグと[Ctrl]キーを押しながらのマウスドラッグとでは、出力…

見出し行を各ページに印刷する

目標(GOAL) 複数ページの縦に長い表で、2ページ目以降にも、1ページ目と同様に項目行を印刷する。 ひな形シートにExcel で設定する方法 【参考記事】 印刷タイトルで見出しを固定 http://www.becoolusers.com/excel/print-titles.html

列方向のオートフィル

R1C1形式と A1形式のオートフィルの差とは。 制御シートを作成している時、取り扱う項目の量が非常に多い場合、参照先のセル番地を記述するのは一苦労ですね。項目が単純な横並びであれば、下図のように R1C1形式で一つ記述し、列方向へオートフィルすること…

Excel 2010 のブックが開けなくなったとき

大量のExceブックを開いたり閉じたりを繰り返していたせいか、何故か Excel 2010 のブックが開けなくなってしまったときがあります。 いつまでたっても開かないので、並行して新しい白紙のExcelブックを起動すると、それに追随して開けたりし、奇妙な現象に…

このファイルは「.xls」?「.xlsx」 ?

元のファイル形式を見破る Excel の保存形式の選択で、拡張子(ファイルの種類)を変えることは容易なものです。しかし一つのデータをあらゆる段階で取り扱うことから、ファイルの形式を誤って変えてしまうケースも有り得ます。 それは別ファイルへのシート…